PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2億光年の彼方へ ~シリーズNo,3~



あのセカンドライフの空に高く見える、月に行きたかった。
高度2億メートル、その計り知れない距離に
途方もない大きさを感じた。
俗にいうOrbitを使って一気にそこまで行けるのだが、
体感したことにはならないと思った。



月に行きたいのであれば月を作ればいい。
そう、セカンドライフは自由な世界。
やりたいと思ったら、とことん出来るのである。
でも、月は辞めて星を作ってみた。(テクスチャ用意するのが面倒w



高度3500m
小さなこの星は力強く輝き、アバターを優しく包み込む。
バカな挑戦だったけれど、結局は何かをやりたい
こうしたいという気持ちがセカンドライフには必要不可欠だと改めて気付いた。

そこには「面白い!」というスパイスを加えなければならないけれど、
料理が美味しければ、人はまた来る。



やりたい事が見つからなくても心配はいらない。
何かに興味を持てば、自然と一歩前に歩み出るはずである。
そして、そこで何かを感じていくものだと、俺は思う。


今、居心地が良いと思う場所からでて旅に出よ!


セカンドライフとは
見知らぬ世界に飛び込んで、見知らぬ人と友達になる。
それは国境を越え世界を越え、心と心が通い合うとき。

| 日記 | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://code2501barbosa.blog93.fc2.com/tb.php/79-b21ce99b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。