FC2ブログ

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

code2501的 回想録 その2

セカンドライフに本当の愛は存在するのか?

なんともこっぱずかしい話…
ネットゲーム、メタバース経験者なら、だれしも1度は…
なんてことあると思う。
中にはまったくそういう感情を持たない人も。
愛について色々な形というものがあるが、
セカンドライフのアバター同士の話に限定して、
ちょっと書いてみようと思う。

RLの恋愛は人それぞれ。
SLの恋愛もアバターそれぞれ。

恋愛をするということは、
相手を信頼するという事になるんじゃないかと思う。
仮想空間で出逢った人々は、インしなければ逢えない。
簡単に消えてしまう恋だと知っていても、愛してしまう人がいる。
愛だの恋だの、自分で言うのも恥ずかしいけど、
実際にセカンドライフでは結婚ができてしまうのだから驚きだ。
婚姻届け的な手続きを経て、見事カップル成立というわけだけれど、
そこまで行くにはそれ相当の苦労や、ストーリーがあるはず。

「俺とお前は、縁もゆかりも無い、赤の他人なんだからな」
という事で、簡単には信頼関係が築けるわけがない。

ただ…

この世界、アバターの個性を演出する方法は無限にあり、
その人の趣味趣向がもろに出やすい。
そして、チャットを通じてコミュニケーションが自由に取れ、
さらには…あれ…あれも出来てしまう…(バーチャルパフパフ)
SLの商材でカップル向けの商品が驚く程多い。
SLシングル族の身としては、ちょっと使う目的も無いので
遠い目で見てしまう。
PCの前で妙な切なさを覚えるのは、SLユーザーなら分かってくれるはず…

セカンドライフにはデートスポットも多く、
地道にアプローチを続ける中で
信頼関係が出来ていくんではないかと思う。
またイベントスタッフ同士で… なんて事も。

ネットゲームやセカンドライフをやった事が無い人には
たぶん理解されない… 
いや絶対に理解されない感情。
インワールドの友達の恋愛話をたびたび聞く事があるが、
性別を越えた何か新しい感情と表現すればいいのか、
それとも、ヴァーチャルラブというのか
分からないが、確かに恋や愛は存在する。
性別を越えるというのは、その人本来持っている心が伝わり、
共感し分かち合う感情。
本当のピュアな愛なのではないか?


「モールの事は、モールで済ませろ」

もし、実生活とインワールドを切り離して考える事が出来るのであれば、
ヴァーチャルラブで終わらせる事も、いいと思う。
現実の恋に嫌気が差して、ヴァーチャルラブだけでいいと言う人もいるはず。

恋愛感情を持つ事が信じられないという、
まったく正反対な人もいる。
何故、好きになれるのか理解出来ない。
その方達にしてみれば、愛は存在しない物になる…
いや、俺が思うに終わりの見える儚い恋に
傷つきたくないだけなのではないか?


様々な恋愛模様をみてきたのだけれど、
1つ今でも心に残る一言がある。

「RLに恋人がいるのに、SLで浮気するのはRLの浮気より罪が重い」

重度のSLジャンキーにしか分からないかもしれない。
現実の世の中に、数えきれない恋愛話がある中というのに、
なんて純粋な言葉だろうと思う。
でも、RLの事情があるからこそバーチャルラブに恋してしまうのかもしれない…


だんだん何が言いたいかわからなくなってきてしまったけど、
セカンドライフに本当の愛は存在するか?の答えは無論「Yes!」なのだ。
スポンサーサイト

| 日記 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010始動

あ、どうも… あ 明けまして お おおめでとう
ご ございます。

ブログでの新年のご挨拶が遅れてしまった;
いつもチェックしてくれてる方、すんまそ。
うんと、年末年始インフルだったのよ!
寝込んでたの。 しょーがない しょーがない…
しばらくSLお休み頂いてましたが、
少しずつ復活しようと目論んでます。 うしし。


やんや やんやで2010年! イェイw


ひょんなことから、映画「クローズド・ノート」を観る機会がありまして、
じっくり鑑賞させて頂きました。
この映画、ワイドショーを賑わせていた女優さんが主演。
誰が出ているのかとか、そんな事があったとか、
まったく先入観無しでみました。
というか、そんな出来事忘れてた…
で、内容はというと…  「よかった!」
ストーリー展開もさることながら、舞台背景やセット、風景。
すごいよかったです。
結局、よいものもマスコミやメディアが面白半分に書き立て、
本来の意味を失う……そうなってしまうんでしょうかね。
2年前のセカンドライフもそういう感じが否めません。
過剰報道というかインワールドを理解しない人が、
情報伝達の先導にたってコメントし、つまらないものとしての
コメントが多かったり、儲かるなどと出任せいったり、
なんだったんでしょうかね。


まっ、本当に面白い物は人に教えたくない気持ちもありますけどねw



先週TEMPESTで定例イベント参加させて頂きました。
インフルが落ち着いた直後だったので、音に付いていくのがやっと;



最後はみんな揃っての、ダンス。




曲にあわせて、全員で踊るとなんか気持ちいいっすねぇ~
じわりじわり、輝きはじめ…



ばごーん! レビさん爆発っ!!
エフェクト奇麗でしたねw


というわけで、明けおめでした。



=おまけ1=



別に港そだちな訳じゃないんですけど、ここ懐かしい雰囲気で
よかったですよ~
→JAPAN DREAM KENJIN

=おまけ2=
OMEGA CONCERNというセカンドライフでFPSを目指している
海外のメーカーさんがあるんですが、専用ビュア出てるみたいです。
その名も「OCS SL Viewer」です。
OCSはOMEGA専用フィールドで使用するコンバットシステム。
で、このビュアで注目すべき点は、ミニマップ表示禁止とデバック禁止、
ワイヤーフレーム禁止が盛り込まれている事。
SLでもしっかりとしたシステム構築が出来れば、
ゲームとしての可能性は格段に上がるのだと思います。
このOCS Viewerと「I Am Legend」のテーマシムのコンバットシステムを
併せたら、めっちゃおもろいゲームになるのになぁ…

| 日記 | 12:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。