FC2ブログ

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

2億光年の彼方へ ~シリーズNo,1~



あなたはセカンドライフで月を見た事があるだろうか?
ほぼ半数以上が見ているはずである!

もし、その月へと行けると真剣に考えた事はないだろうか?
これは、友人から告げられたとある一言がきっかけで
スタートした壮大なプロジェクトである!!

題して「2億光年の彼方へ」なのである(ホンマかいなw

先日、フライトヘルパーの機能の使い方を教えてもらっている
最中に、こんな話を聞かされた。
「この機能があれば2億メートルまで上がれるよ~」(光年じゃないのか?w
「え?2億?」
バトルが好きで何度か飛ばされた時はあるものの、
単独で行く事がはたして出来るのかと疑問に思う。
が、友人はこう続けた。
「もうね行った人にしか分からない世界だよ」
まさに が=ん! である。
行った事ある人……

無論、私は行ったことがない。

とある武器で撃たれると超高高度まで打ち上げられる物があり、
試しにやってもらった事はあるが、それでは野暮な話である。
そう、単独で行く事に意義がある(勝手に思い込んだ



何はともあれ、まずは格好から入るのがSLの流儀(いつからだw
久々の熱い思いに駆られた私は、怒濤の勢いで宇宙服テクスチャを作成。
そして未知なる世界に備えて、スーツまで作ってみた。
準備万端!

なにせ、未だかつてない世界が待ち受けているかもしれない、
血とかでちゃうかも;
息ができないかもしれないから、酸素タンクも装備した。
これなら、きっと大丈夫と自分に言い聞かせる。

さっそく、挑戦をすることにした。
友人の勧めてくれたアイテムではなく、また別のフライトヘルパー
を持ち出し、さくっと行っちゃおうと目論んだのである。



が、しかし…
2億という数字の怖さをまだ知らない私は、8万メートルまで行った時点で挫折…
このとき使用したフライトヘルパーのアイテムが、
高速で移動は出来るものの、キーボードの飛ぶボタンを押し続けなければ
ならなかったのである!!
15分かかっておまけに指もつりそうになったあげく、
高度8万メートル……



作戦の練り直しを迫られた!!
やはり、友人のアドバイス通り例のアイテムで自動的に
上昇させるしかないと、ちょっと悔しい思いを巡らせ、
今日の所は勘弁してやろうとふてくされて終わるのである…(ちゃんちゃん



次号へ  つづく……
スポンサーサイト

| 日記 | 18:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The CheyTac M-200をSLで作ってみた!



映画『シューター/極大射程』が公開されてしばらく経ちますが、
そのワンシーンに登場するcheytac社製の銃が気になってしょうがなかった。

cheytac公式ホームページ

ちょっと調べるとかなりマニアックな銃で知る人ぞ知る
スナイピングライフル(軍用)らしい。
正式名称も付いていないとか何とか…
でもって、SSOCで開催した
ECS対応のスナイパーライフルモデラーズコンテスト
(名前違うかもw
に出展すべくこいつを作る事に…



ネットで資料を揃えはじめたら、こんなムキムキガールの写真とか発見;
この写真を見て銃口が地面に付きそうでヒヤヒヤするのはたぶん俺だけかも…
(訓練してた頃のやな記憶;



うんでもって、暇みてちびちび作る事 訳一ヶ月
出来上がったのがこれ↑
ちょっと軽い様な感じになっているのは、自身のアバターがでかいから
(いい訳
このつや消しデザート塗装の表現がまた難しかった。



ちょっとアップめ
ん~ マニアック過ぎる銃だなぁ…

で、コンテストの方はというと見事  落選!!

しゃーないわなw
今見るとテクスチャがいけてない;

優勝した銃を見たら「うわぁ すげっ!!」って思うほどのいい仕上り。
完敗っす;;

SSOCのフィールドで販売するのはもう少し先になりそうだけれど、
導入されたらまた戦略が変わるので楽しみw
ECSのヘルスモードにヒットすると、強力なダメージになるのねん。
ワンショット・ワンキルも夢じゃないのぉ

全国のスナイピングファンの皆さん、しばし待たれよ!!



| 日記 | 20:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お陰様で!

ピクチャ 1

なな なんと
セカンドライフガイドでアクセスランキングで7日間一位獲得!!
ビックリしたわぁ;


これも日々頑張ってくれているメンバーのお陰だなぁ~
それと新しく参加して頂いた皆様のご理解と協力があってこそ。
試行錯誤の毎日だけれども、なんとかかんとかここまで来れた。
バトルに抵抗感ある人はSSOCでバトルして頂けたら、
価値観変るかもしれない。
そんな雰囲気作りで頑張ってきたかいがあった。

これからも、やりたい事たくさんあるから、一歩一歩頑張っていこう

うん、
そう思う。



旅はまだまだ続くのね

| 日記 | 14:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

環境設定/表示



WindLightの実装された今回のアップデート。
そしてHavok4導入によりがらりと世界が変りましたね。
無論、バトルのスタイルもかなり感覚がかわりました。
すごいと思ったのは、SL内でウェブブラウザを立ち上げなくても
インワールドで見れてしまうという事。
セキュリティーに問題がある様なので、怪しいサイトは見ない様にw



まずHavok4の物理系のスクリプトが変った事で
●ジャンプ力が低下
●足音が出ない(物に当った時だけ音が出る
●急勾配の坂道やはしごを走った状態で登れる様になった
●坂道で立ち止まるとずり落ちる
などの例がありますね。
弾丸に関しても無効化されたものもある様ですが、
詳しくはここでは書きませんw



で、アップデートで問題なのはWindLightですね。
PCスペックが低い方は、かなり苦戦している様です。
俺もちょっとキツくなりましたが、
環境設定で一番ベストな状態を画像でUPしてみました。
これは、ユーザーごとに違うので表示の設定をいじると、
自分のベストコンディションが見つかるかと思います。
「品質および実行」は「中」がいいかな
そうすると描写距離が狭まるので、カスタムにチェックを入れて
詳細画面で描写距離を伸ばしましょう。
256がいいんですが旨くバーが動かせない;

それと、初めは戸惑ったんですが自分以外で遠くにいるアバターが
ドット表示される現象があるようです。
話は簡単で、表示タブのカスタムにチェックを入れて
「アバターの精度を下げる」にチェックが入っているのを外せばいいだけです。

その他の設定は自分んで色々試して、変更して行くしかないようです。
WindLightの実装とHavok4の導入でラグ環境変らず!
みたいな…



頑張れリンデンラボ!!

| 日記 | 14:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オープン式典!



昨夜オープンしたSSOCの新フィールドWind Hill
SLの不調で一時どうなる事かと不安でしたが、なんとかオープン!

そして、直前まで気がつかなかったんですが、サプライズイベントが!!
オープン初日という事で式典会場が準備されていたんですねぇ。
こりゃたまげたw
実はSSOCの本部メンバーがこの日のために、内緒で準備していたそうで
さすがに驚きました。

いきなりスピーチお願いしますと言われて、メチャクチャ緊張して
なにをしゃべったのか、今でも覚えてません!

後から聞いた話だと、意味不明な事を言ってたらしいです(汗



式典会場だけかと思いきや、フィールドのテープカットまで準備してました!!
号令あるまで、カットしないでと言われて不思議に思ったんですが、
カウントが始まり、ぱちっとカットした時に意味が分かりました。



そう、花火だったんですねぇ~
アングル悪くてすいません;
なにしろ、まったく聞かされてない状態で式が進んで行くので、
RLでアタフタしてた次第でw



さらに!!
花火が打ち上がる後を奇麗なスモークをたいた
パラグライダー2機が見事に滑空!!
このすばらしい式典、スナップショットだけでは伝わらないのが残念。

もちろんこの後は、入れ替わり立ち替わりのごちゃ混ぜでバトルでしたねw
いやぁ~初日、感動と楽しさとバトルと大騒ぎで楽しかったです!!!


この日の出来事、まさにプライスレス!




一般の来場者の方、最後までおつきあいありがとうございました。

そして、本部メンバーの皆様、
ECS開発者様のお力で無事オープンできた事を心よりお礼申し上げます。

| 日記 | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wind Hill



いよいよSSOCの新フィールド「Wind Hill」が今週末オープン!
テストバトルから既に白熱のチーム戦が繰り広げられています!!

今回のマストアイテム、「SSOC TRX」シム内通信機を身につけて、
相互に連絡を取り合い、チームプレーが勝利の鍵です。

市街地、山、ダム、様々な要素を盛り込んだフィールドは必見です!!


SLバトラーよ集え!! 

※SSOC公式ホームページでルールを確認してから、ご来場下さい。


| 日記 | 12:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月