FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記憶

あれからどれくらい経ったのだろう。
今でも時々、あの日々を思い出す。

全ては無駄ではなかったと思う今日この頃。


今後、SLはどうなっていくんだろうか…。

願わくば帰りたい。
でも、帰れない。


長い月日が流れても、
記憶の中で全てが生きている。
だからこうして、また日記が書けるだなぁ。
スポンサーサイト

| 日記 | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想とは儚きかな

拝啓、
いかがお過ごしでしょうか。
俺は元気です。

いたずらなのかわかりませんけど
過去記事にコメント頂いた事にビックリしておりやす。
微妙〜に記事と書き込みが
マッチしていておもろかったです。

書き込みがあったから
久し振りに日記を書こうとおもいますた。

ふぅ〜 ……。

なんでしょね…SSOCって。
今も思いは残されていて、
あの時に出逢った方々を
遠い記憶の中で想い出させて
頂いておりやす。
大好きだったからこそ、
今でも思い出すんですよね。

RLの都合で突然姿を消したのにも関わらず、
皆様の好意によことしはりちょいちょいインしていましたが、
また姿を消すはめになっております。

まだしばらく続きそうです。
インできたとしても、
もう居場所はありませんけどね;

また、書き込みがあったら
穴から出てくるかもしれません。




「幻想は時として現実であり
現実は時として幻想である」なんつって。

| 日記 | 23:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐れ、不安、孤独、闇 それから、もしかしたら希望

大切な事は沢山あった。
でも選べるのは1つだけ。

必要とされない現実におののき、
谷間へと転げ落ち、膝を擦りむいた。

底辺でみた大きな空は
いつも輝いていた。
照りつける太陽と、流れる汗。
そして、オリオン座が顔を出し
冬の到来をつげる。
想像もしなかった世界を見ている時も
希望だけは捨てなかった。

谷間から這い上がって周りを見渡すと、
そこは単なる1つの山の麓。
這い上がったとしても、
まだ一山越えなければ天辺にはいけない。
でも、行ける気がする。
希望は捨ててはならない事が分かったから。


負けてたまるか。




| 日記 | 01:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生死去来
棚頭傀儡
一線断時
落落磊磊

| 日記 | 01:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。